風鈴を楽しむ場所があること

遠くにあり中々訪れることが出来ないけれど、機会があれば必ず立ち寄るお店があります。
喧騒から少し離れたそこでは、夏の間軒下にいくつもの風鈴が吊り下げてあるのです。
ガラスで出来たものばかりのようで、風が吹くたびに涼やかな音を奏でてくれ、複数あることで重なり合う音が、何とも言えない情緒を感じさせてくれます。
風鈴は、昔から夏の風物詩として愛されている。
そう思う反面、吊り下げている間は、風が吹けばいつでも音を奏でる存在を快く思わない人もいるのだろうな、と思います。
住宅街を歩く時、風鈴の音を聞くことはほぼありません。
嫌いだから、という人もいるのだろうとは思いますが、迷惑になるかもしれないと、吊り下げることを避ける人もある程度存在している気がします。
自分にとっては心地よい音が、他の人にとっては嫌なものになってしまうのは悲しいことです。
けれど、物の感じ方が異なるのは当たり前のことです。
自宅で楽しむことは難しくても、悠々と風にそよぐ風鈴達を満喫出来る場所があることを喜び、またの機会を楽しみにしたいと思っています。ストレスで抜け毛が増えて悩んでる女性に良い育毛剤があります